脳、脊髄、神経の病気の診断の為の検査3

  磁器共鳴血管造影は、MRI検査で頭と首の血管の画像を撮影する為のものである。
  この検査は、MRI検査と伴に脳卒中が起きた患者の検査の為によく使用されている。
  この検査は、脳血管造影のようなカテーテルの挿入や磁性体の造影剤を静脈注射する必要がないが、脳血管造影に比べるとその血管の画像が低くなる。

  脳エコー検査は、脳の画像を超音波を使用して撮影する検査になる。
この検査は、頭蓋が薄く超音波が通りやすい2才未満の小児に行われることが多い。
この検査は、痛みもなく簡単で費用も安く行うことができる。

  ポジトロンCT検査は、トレーサーと呼ばれる標識になる物質を静脈に注射し、患者の頭をPETスキャナー内に入れ、あらゆる角度から放射線を検出し、活発な領域を記録する。
この検査では、活発な所ほどトレーサーを多く取り込み、多くの放射線を放出することになる。

  脳血管造影は、脳血管の異常を診断するための侵襲性のある検査である。
この検査を行うと壁が薄くなり袋状になった動脈、動脈の炎症、血管奇形、脳卒中になりうる可能性のある血管の閉塞を診断することが可能である。

    この他にもシングルフォトン・エミュションCT検査、カラードップラー超音波検査、脊髄造影、脳波検査、誘発反応、筋電図、神経伝導試験といった検査などが行われることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド