ヨーロッパシラカバ樹皮エキス


  ヨーロッパシラカバ樹皮エキスは、人工甘味料キシリトールの原料として重宝されている。ヨーロッパシラカバ樹皮エキスから取られたキシリトールが配合されたガムなどとして販売されていたり、また、化粧品などに使われており、ヨーロッパシラカバ樹皮エキスが配合された化粧水やせっけんなどのスキンケア製品が見られるようになってきました。シラカバの樹液は、シラカバの幹に直接穴をあけて、その穴から垂れてくる雫を集めることによって、採取できる。

  樹液というと、幹についているコハク色のと~っとしたものを想像しるが、シラカバの樹液はそれとは違って、無色透明で、サラサラしている。その樹液の中には、ミネラルが豊富に含まれているといわれている。森林浴は、リラックスできるし、あの森の、木から発せられる独特の香りは人をいやすものとなる。ヨーロッパシラカバ樹皮エキスから発せられる、いわば森の香りも、森林浴をイメージさせる。森林浴を想像させる、あの独特の香りが気持ちいい。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド