ラウラミドプロピルベタイン


  ラウラミドプロピルベタインとは、ラウラミドDEAと同じヤシ油由来の界面活性剤の一つだ。ただ、ラウラミドDEAは非イオン系の界面活性剤だが、ラウラミドプロピルベタインはベタイン系の界面活性剤だ。だから、ラウラミドプロピルベタインもシャンプーなどに使われる。ベタイン系のラウラミドプロピルベタインは、非イオン系のラウラミドDEAと比べて、泡立ちが良いというのが特徴の一つのようだ。また、ベタイン系というのは、別名、両性イオン系ともいい、アルカリ性の水でも、酸性の水でも、それぞれ、陽イオン、陰イオンになりる。

   だから、アルカリ性の水でも泡立ちがいいという特徴もある。だから、同じ界面活性剤でも、反応するものによって、また分解するものによって、用途が違ってくるということがわかりる。その特徴をいかした多岐にわたる用法があるんだ。さらに、ラウラミドプロピルベタインは、ベビーシャンプーやコンディショニング剤などにも配合されている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド