ラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン


  ラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコンは、界面活性剤の一つだ。ラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコンは、変形シリコーン界面活性剤だ。だから、このラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコンは、シャンプーやせっけんとして使われていません。乳液、日焼け止め、ファンデーションなどに配合されている。ラウリルポリグリセリルをつけることにより、水になじみやすいという特徴を持つシリコーンとなる。

  わたしたちの身の回りには、本当にたくさんの界面活性剤がある。知らず知らずに、界面活性剤のお世話になっているわけだ。しかも、一種類、二種類、などではなく、たくさんの種類の界面活性剤が存在している。人間の手によって合成されているということだが、なるべく天然素材を使って、安全性を第一にしたものを作り出していっているわけだ。その複雑な数式を見ると、わたしたちの便利な生活のために作りだしてくれた人たちに頭の下がる思いだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド