ラウリルリン酸Na


  ラウリルリン酸Naとは、ヤシ油やパーム核油という天然素材が原料になっているラウリルリン酸をナトリウムで中和させた界面活性剤だ。この界面活性剤は、洗顔料、シャンプー、リンスに配合されて使われる。しかし、他の界面活性剤と比べて、起泡性が劣るといわれている。だから、起泡性の高い界面活性剤と一緒に配合して使われる場合が多いそうだ。界面活性剤は、一種類を一つの製品に使うというのではなく、何種類も混ぜて使う場合もある。

  そのような場合、利便性や安全性、そして、界面活性剤同士の相性をよく考慮した上で配合される。イオンレベル、分子レベルの相性が考えられるわけだ。界面活性剤と一言で言っても、その世界は幅が広く、奥深いものがある。その一つ一つをきちんと考えられて配合されてるわけだから、洗浄剤などを利用するときには、その用法をきちんと守って、安全に注意して使うことにしましょう。そのようにして、危険を避けることができる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド