ラウリン酸K


  ラウリン酸Kとは、ラウリン酸という脂肪酸を水酸化カリウムで化学反応を起こさせてケン化したものを指しる。ラウリン酸の原材料となっているのはヤシ油やパーム核油だ。石けんを作るためには、そのような脂肪酸にアルカリを合わせて化学反応を起こさせる。固形せっけんを作る時は、水酸化ナトリウムで化学反応を起こさせるのだが、ラウリン酸Kは水酸化カリウムでおこないる。

  カリウムと反応させることで、水溶性の高い石鹸ができあがりる。だから、ラウリン酸Kはボディソープに配合されている。同じ石鹸でも、アルカリ反応させるものによって、用途の違うものを作ることができる。ボディソープを愛用されている方もいれば、固形せっけんを使っておられる方もいることだろう。また、洗面所には液体せっけん、お風呂場には固形せっけんと、用途ごとに分けて使う場合もある。そのように、わたしたちの利便性を追求できるのも、化学反応のおかげということだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド