ラウリン酸Na


  ラウリン酸Naとは、一般に、ラウリン酸に水酸化ナトリウムを化学反応させることでできる固形せっけんのことだ。ヤシ油やパーム核油を原材料とするラウリン酸に、アルカリ成分である水酸化ナトリウムで化学反応を起こさせると、固形せっけんができる。液体せっけんを作る場合は、水酸化ナトリウムではなく、これもまたアルカリ成分である水酸化カリウムで化学反応を起こさせる。

  ラウリン酸Naは、比較的固い固形せっけんで、冷水でも溶けやすいという特徴がある。だから、ボディソープとしてだけではなく、洗濯石鹸などにでも幅の広い用途で使うことができる。また、起泡性にすぐれているので、泡立ちの良い石鹸が好きな人に好まれる。石鹸と一言で言っても、様々な特徴を持ち、様々な用途で使い分けることができる。また、原材料も天然素材100%と、こだわりぬいて作られた石鹸もある。そのように安全性に重きを置いたせっけんを、環境のためにも使いたい。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド