ラウリン酸ジエタノールアミド


  ラウリン酸ジエタノールアミドとは、非イオン系の界面活性剤のことだ。ラウリン酸ジエタノールアミドは、ラウリン酸にジエタノールアミンを加えたものだ。界面活性剤とは、油になじむ性質と水になじむ性質を併せ持つ成分だ。だから、普通は水と油はなじむことはないが、界面活性剤のおかげで、混じり合うことのない成分がうまくなじむことになりる。つまり、界面活性剤は水と油の仲介役といったところだ。

  界面活性剤にもさまざまな種類がある。ラウリン酸ジエタノールアミドのように非イオン系の界面活性剤もあれば、陰イオン系、陽イオン系、両性系といわれるベタイン系と、その種類も様々だ。それぞれの種類で、起泡性、水溶性、などの特徴に違いがある。ラウリン酸ジエタノールアミドは起泡性、増粘性にすぐれているといわれている。そのような特徴から、高級液体シャンプーや洗顔料に使われている。

  値段が高いシャンプーには、ラウリン酸ジエタノールアミドが入っているかチェックしてみたくなる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド