ラウリン酸ソルビタン

  ラウリン酸ソルビタンとは、ヤシ油を原材料とし、そこからとられるラウリン酸という脂肪酸に、ブドウ糖を加熱し脱水してつまり、還元してできたソルビタンを加えて作られた界面活性剤だ。このラウリン酸ソルビタンは単独で、乳化剤の役割を果たす。乳化してできた液体をエマルションというが、このエマルションの状態では、品質的に不安定で、熱に弱く、分離しやすいという特徴がある。

  だから、ラウリン酸ソルビタンに、親水性の乳化剤を合わせることにより、品質を安定させることにより、安定剤としての役割も果たすことができる。このラウリン酸ソルビタンは、乳液、シャンプー、リンス、クリームなどのヘアケア製品に配合されているだけではなく、ネイルカラーなどのメイクアップ製品にも幅広く使われている。私たちの身の回りにある様々な製品は、安全性はもちろんのこと、高品質、そして、その品質の安定性を考慮に入れて開発されている。その安定性があるので、安心することができるのだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド