ラウリン酸ポリグリセリル-10


  ラウリン酸ポリグリセリル-10は、ヤシ油などから抽出される脂肪酸、ラウリン酸に、グリセリンというアルコールを加えて作られる非イオン系の界面活性剤だ。ラウリン酸ポリグリセリルには、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウリン酸ポリグリセリル-2などがあり、この数字は、モル数といって、原子量を知るための数値で、ラウリン酸ポリグリセリルの場合、その数値の違いで機能にも違いが出てくる。

  ラウリン酸ポリグリセリル-10は、乳化剤として、また安定剤としても使われることの多い成分だ。ラウリン酸ポリグリセリル-10は、多くの化粧品に配合されているだけではなく、食品添加物としての働きする。洗剤やシャンプーのような用途に使われることの多い界面活性剤だが、食用として使われる界面活性剤もある。どのような用途にしても、安全性をよく確認して取り入れたいものだ。ネットや書籍など様々なところから情報を取り入れることができるから、それらをよく調べて、安全性を確認を。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド