パルミトイルペンタペプチド-3


   パルミトイルペンタペプチド-3は別名でマトリキシルとも呼ばれる成分である。まったく同様の名前として、パルミトイルペンタペプチド-4というものがある。
   いわゆるこの成分は、巷で言われている「マイクロコラーゲン」と呼ばれるものとなっており、単体成分とは異なっている。
  幾つかの成分を組み合わせて合成したものであり、そこから得られた天然コラーゲン(ミクロ構造物)から成り立っている成分となっている。

    現在では様々なコラーゲンを含んだ製品が発売されており、話題となっている。単にコラーゲンとはいっても、ここまで複雑なのかというぐらいに細かな構造となっているようである。
    普段の生活ではそういった細かな世界に突っ込むことがないだけに、ミクロ構造物ということとても気になってしまう。
    それにしてもこういった合成の世界というものは凄いである。そんな小さな世界で作業を重ねていくわけである。
    マイクロコラーゲンと聴けば、どこかインパクトがあるが、内容はもっとインパクトがあるわけである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド