ラウロイルグルタミン酸Na


  ラウロイルグルタミン酸Naはアニオン界面活性剤の一種となっている成分の一つだ。このアニオン界面活性剤は昔からある成分で、主に石鹸やシャンプーに使われているのだが、製品にするには他の成分と配合されたほうが控えめになる。
  アニオン界面活性剤だけでは商品の役割ができるわけではない。アミノ酸の一種でLグルタミン酸とラウリン酸を合体させたラウロイルグルタミン酸Naは市販されている化粧品の中でも特に重要な成分であるが、他の成分と一緒になって初めて商品として世の中に出す事のできる製品になるのだ。色々な成分がお互いの性質を出し合って作られた製品だからクリームも何も考えずに塗る様な使い方はもったいない。

  この成分のほかにも様々な界面活性剤があるが、どれも有効利用されるものが多く、様々な場面で活用されているようだ。
  また一つの成分だけではなし得ないものであっても、成分同士が重なり合うことで確かになるというものもあるようだ。どこか、人間と人間のつながりを見ているようだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド