ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)


  ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)という成分だが、化粧品ボトルの裏を見た時にカタカナで成分が沢山表示されているなかにこの名前を見つけた事はないだろうか?意外とこっそりと書かれているかもしれない。
  この成分は、コレステロールと高級アルコール、グルタミン酸、天然脂肪酸から得る事ができるアミノ酸系界面活性剤だ。

  1つの成分にもこれだけの原料が必要なのは驚きだが、高級アルコールはどのような成分なのだろう?
  科学的に説明をすると分子中の炭素原子が多いものだが、高級アルコールは動植物から出る蝋であったり、脂肪酸、エステルというものだったりするのだ。あまり難しく考えてしまうとるるわかりにくいのだが、化粧品には1つでもかけると完成しない必要な成分ということだ。成分を作り出すのに沢山の原料を使っているので研究者の方たちも、だいぶ研究をしたきたのではないだろうか?成分はどんどん進化して欲しいと思う。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド