痛みについて

  痛みを一言で言っても鋭い痛みや鈍痛など様々な痛みがある。
痛みの生じかたも間欠的なものもあれば、持続的なものもなど様々である。
時には、どう表現すればよいのか分からないような痛みを生じることもある。
痛みの生じる場所も一か所に限定している場合もあれば、広範囲に渡ることもある。

  この様に痛みは様々だが、それと同様に人により痛みの受け止め方にも大きな違いがある。
例えば、打ち身や小さな切り傷程度の痛みであっても耐えられないような痛みに感じる人もいれば、大きな事故や刺し傷での痛みをあまりうったえることがないという人もいる。
つまり、痛みは、その人の痛みに耐える力気分性格状況などにより感じ方が変わってくるのである。
また、スポーツ選手のようにひどい打撲を受けてもその痛みに気がつかず試合が終わってから、激痛を覚えるというように、興奮している際には、その痛みを感じないということもある。

  痛みの感じ方は、年齢によっての違いがあるが、これは、年を重ねるに従い、感覚が鈍くなる為と考えられている。
この場合、高齢者が、若い人に比べると我慢強いということもあるようだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド