ヘルペス後神経痛について


   ヘルペス後神経痛は、帯状疱疹が原因で神経組織の炎症を起こす。
   この場合での痛みは、疼くような痛みが絶え間なく続くか、焼けつく様な痛みであったり、断続的な鋭い痛みなどでこの痛みにより衰弱することもある。

   反射性交感神経性ジストロフィとカウザルギーは、痛みの続く慢性的な症候群である。
   この場合の痛みは、焼けるような痛みが持続する。

   これらの場合には、痛みと伴に痛みと同じ部位に何らかの異常所見が見られることが定義されている。

   異常所見としては、発汗の増加・減少、浮腫、皮膚の色の変化、皮膚、髪、爪、筋肉、骨の損傷、肉の萎縮、骨量の減少などが上げられる。

   これらの症候群は、怪我をした後に起きることが典型的となっており、反射性交感神経性ジストロフィでは、神経以外の組織が損傷した結果起き、カウザルギーは神経組織の損傷が原因となり起きる。

   心因性の痛みは、心理的障害に関連して起きる痛みである。
   持続的な痛みがあり、痛みの原因となる疾患が見つからず、心理的に混乱している人の痛みは、心因性の痛みとされる。
   一般的には、心因性の痛みといっても肉体的な原因があり、同じ病状を持つ人よりもはるかに強い傾向がある。
   心理的要因は、障害を助長し、痛みの訴えを誇張することがある。
   心理的要因による痛みは、決して、実際に痛みが無いというわけではなく、肉体的な原因が何も見つからなくても患者は、実際に痛みを感じている。
   この場合の痛みの治療は、他の痛みと同様患者により治療の方法は違ってくる。
   治療の目標としては、痛みを和らげ、心理的・身体的機能を改善することになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド