痛みにおける治療の方法


  痛みを治療するには、痛みの原因となっている障害を治療することで、痛みは、なくなるか最小限にすることができる。
  例えば、感染を起こした関節に抗生物質を投与するば、痛みを軽くすることができ、骨折した骨をギプスで固定すれば痛みも和らぐ。
  基礎疾患を治療することで痛みも和らげることができるが、痛みを早くコントロールする為には、痛み止めの使用が必要となってくる。
  使用される鎮痛剤は、痛みの種類や持続時間、起こる可能性のある効果とリスクを考え合わせた上で処方されることになる。
  鎮痛剤は、多くの物が侵害性の痛みには、効果があるが神経障害性の痛みに対してはあまり効果を上げることができない。
  また、慢性の疼痛に対しては、薬を使わずに治療することも重要となってくる。
痛みの治療に使用される鎮痛剤は、オピオイド鎮痛薬、非オピオイド鎮痛薬、補助鎮痛剤の3つに分けることができる。

  オピオイド鎮痛薬は、鎮痛薬の中でも最も作用の強いものである。
主として癌や重症疾患により起きる急性の激しい慢性の痛みに対する治療に使用されている。
  しかし、癌治療以外では、まだ、一般的ではなく、誰に対しても適切というわけではない。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド