痛みにおける治療の方法2


  オピオイド鎮痛薬には、多くの副作用があり、眠気を引き起こしたり、便秘や尿の貯留を引き起こす、吐き気の増進などが上げられる。
  大量にオピオイドを投与した場合などは、呼吸抑制や昏睡などの危険も考えられる。
  オピオイド鎮痛薬の処方には、効果と副作用とを慎重に考え合わせる必要がある。

  非オピオイド鎮痛薬は多種に渡り、アスピリン、イブプロフェン、ケトピロフェン、ナプロキセン、アセトアミノフェンなどに関しては、処方薬もあれば市販薬もある。
  市販薬と処方薬では、処方薬の方が、1使用あたりの有効成分含有量が多くなっている。
  市販薬を使用する場合、注意書きにもある通り、7~10日以上の服用を行わないように短期間のみの服用にすることが必要である。
  痛みが、悪化したり、持続する場合には、医師による診察を受ける必要がある。

  非ステロイド性抗炎症薬は、その多くが非ステロイド性抗炎症薬として分類されており、軽度から中程度の痛みの治療に使用されている。
  痛みの程度が中程度から重度の場合には、オピオイドを併用することある。
  非ステロイド性抗炎症薬は、痛みを抑えるだけでなく、痛みが悪化するのに関連して起きる炎症反応を抑えるためにも有効である。
  しかし、非ステロイド性抗炎症薬は、胸やけ、消化不良、吐き気、腹部膨満、下痢、消化性潰瘍、消化管出血を引き起こす。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド