補助鎮痛薬について

  補助鎮痛薬は、ある特定の状況下で痛みを和らげる目的で使用され、通常は、鎮痛薬としては、使用されない。
   使用される際も、他の鎮痛薬または、薬を使わない痛みの治療と併用されることが通常である。 補助鎮痛薬は、最もよく使われるのが、アミトリプチリンデシプラミンといった抗うつ薬ガバペンチンカルバマゼピンフェニフォインなどの抗けいれん薬、経口、局所麻酔薬などになる。

     痛みを和らげるためには、薬だけでなく他にも多くの治療法がある。
   例えば、痛む個所に直接冷温湿布や温湿布を貼ることで痛みを軽減することができる。
   変形関節症や筋違いの痛みの場合には、深部の温度を上昇させることができる超音波での治療が痛みの軽減に役立つ。

    また、痛みのある患者に対する心理的なサポートも重要である。
   痛みのある患者は、痛みに苦しみ助けを求めている為、不安やうつ状態にある為、そのことに周りが気づくことが重要である。
   時には、心理カウンセリングが必要となることもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド