頭痛について


  頭痛は、ほとんどの人が経験し、時には、日常生活に支障をきたすこともある。
   めったに頭痛を起こさない人もいるが、人によっては、頻繁な頭痛に悩まされている人もいる。

     頭痛では痛みもあるが、なによりその不快感に悩まされることになる。
   しかし、頭痛により重度の病気があるということはほとんどなく、緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛などでもはっきりとした他の病気が原因となっているわけではない。

     まれに他の病気が原因となり頭痛を起こすことがあり、その多くが、眼、鼻、のど、副鼻腔、歯、あご、耳、首に生じる軽度のものが原因となっている。
   通常であれば、深刻な病気が原因となることはない。

     しかし、ごくまれではあるが、深刻な病気が原因となり頭痛を引き起こしていることもある。
   頭部外傷脳卒中脳動脈瘤脳感染症脳の近くの血管奇形といった病気になる。
   時として結核などの感染症により脳が侵され頭痛を引き起こすこともある。
   脳を圧迫する頭蓋内圧を上昇させる病気も頭痛を引き起こす。
   これらに加え、極めて高い高血圧も頭痛を引き起こす原因となる。
   この場合、頭がズキズキと痛む。
   また、脳へ運ばれる酸素の量が減る気腫など肺の病気でも頭痛を起こすことがあり、頭や首にある太い血管に炎症が起きることでも頭痛を引き起こすことがある。
   重症のインフルエンザや高熱でも頭痛を引き起こすことがある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド