頭痛の原因


  頭痛は、患者の病歴や頭痛の特徴、検査の結果によりその原因やタイプを判定することになる。
  頭痛の症状として、普段頭痛を起こさない人が頻繁に頭痛を起こしたり、頭痛がひどくなったり、眼が覚める程の頭痛や発熱、頸部の硬直、感覚・視力の異常、筋力低下などの症状がある場合には、重大な病気の可能性があるので緊急の医療が必要となる。

  頭痛でも発熱と頸部硬直を伴う頭痛の場合には、脳と脊髄を覆っている組織に感染を起こし、髄膜炎に至っている可能性がある。
また、突然、経験したことのないような頭痛に襲われた場合には、くも膜下出血の可能性もある。

  頭痛でも重大な病気の疑いがある場合には、精密検査が行われ、特に髄膜炎の可能性がある際には、脊椎穿刺を行うことになる。
頭痛により腫瘍、脳卒中、出血やその他の脳の器質的障害の可能性の場合には、頭部のCT、MRIによる検査が必要になってくる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド