緊張性頭痛の症状と治療2


   緊張性頭痛は、ほとんどの場合で、アスピリン、アセトミノフェン、イブプロフェンといった市販されている鎮痛薬を服用することで一時的な痛みは緩和することが可能である。 痛む場所をマッサージすることも効果が期待できる。
   緊張性頭痛が重症の場合には、コデインやオキシコドンなどのオピオイドを含んでいる鎮痛作用の強い処方薬を使用することになる。

   人によっては、頭痛薬の中に含まれるカフェインで鎮痛作用を強める効果がある場合もあるが、鎮痛薬やカフェインの過剰摂取は、リバウンド頭痛と呼ばれる慢性化した毎日の頭痛を起こすことになる。
   リバウンド頭痛は、鎮痛薬の用量の誤り、服用の遅れ、カフェインの摂取量の減少・中止などが引き金となって起きる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド