片頭痛の症状と治療


  頭の片側のみに中程度から重度のズイズキとした痛みを感じるのが片頭痛である。
片頭痛は、運動、光、音、においの影響を受けて悪化し、吐き気と嘔吐を生じる。

  片頭痛は、どの年齢でも起きる可能性があるが、その多くは、10~40歳で発症し、周期的に起きいた片頭痛が、50~60歳を境に症状が軽くなったり、片頭痛が全く起きなくなったりする。
  この片頭痛の多くが、女性に発症し、男性の約3倍近くになる。
  原因は、はっきりしていないが、家族間で起きる傾向があり、患者の半数以上で近親者に片頭痛を発症している人がいる。

  片頭痛のはっきりした原因は、わかっていないが、脳への動脈が狭くなった後に広がった後血管の近くにある痛みの受容体が活性化して起きるという考えや片頭痛の最も多いタイプと遺伝子の関連の研究が行われたりしている。
  また、女性ホルモンのエストロゲンが片頭痛のきっかけになっているのではないかと考えられている。
  特に思春期には、男子に比べ女子に多く片頭痛がみられ、人によっては、生理の最中や前後に片頭痛を起こすこともある。
  閉経と伴に片頭痛のコントロールが難しくなり、経口避妊薬とエストロゲン補充療法を行うことで片頭痛を悪化させることもしばしばである。

  他にも、不眠や気圧の変化、空腹などが片頭痛の引き金となることもある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド