片頭痛について


  片頭痛が始まると、多くの場合で、トリプタン系ファンを処方されることになる。
  トリプタン系の薬は、脳血管の神経を刺激する受容体に特異的に作用し、脳血管の拡張を回復し、片頭痛を抑えるのに有効である。
  片頭痛を抑える為には、エルゴタミンなどの薬が使用されることもあるが、トリプタン系と比較すると効果も安全性もあまり高くない。

  片頭痛の痛みが重度でない場合には、鎮痛剤を単独で使用するか、カフェインを含んだ鎮痛薬が効果的である。
  これらの薬を片頭痛の発作が起きている時に必要に応じて、トリプタン系と併用したりして使用することになる。
  しかし、鎮痛薬やカフェインの過剰摂取は、片頭痛悪化させることになる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド