群発頭痛の症状と治療


  こめかみや左右どちらかの一方の眼の周囲に激痛を起こすのが群発頭痛である。
   群発頭痛は、4時間程度と比較的短い時間での痛みが、6~8週間の間に集中して起きるのが通常である。
   この頭痛は、比較的まれな頭痛で、1000人に1~4人程度に発症している。
   発症するのは、主として30歳以上の男性でアルコールニコチンが発作の引き金になることがある。

  群発頭痛の発作は、突然始まることが多く、発作が起きると15分~3時間程続く。 多くの場合で、鼻の左右のどちらかがかゆくなり鼻水が出始め、その後かゆみのあったのと同じ側の頭部に強い痛みを生じる。
   痛みは、やがて眼の周囲へと広がっていく。

  痛みの為に寝ていても起きてしまうということもある。
   群発頭痛の患者の多くが強い痛みの為に横になることもできず、自分の頭をたたいたり、歩きまわったりという行動がみられる。
   この頭痛の場合には、吐き気や嘔吐といった症状や光、音、匂いに影響されるということもない。
   しかし、発作が治まった後には、頭痛が起きた側の眼の瞼が垂れ、瞳孔が収縮することもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド