群発頭痛について

  群発頭痛では、昼や夜の同じ時間帯に発作が起きることが多く、発作は、1週間に2回程度から多い場合で数回起きる。
  通常では、6~8週間でまとまって起きるが時には、それ以上の長期に渡ることもあり、その後は、再発するまで数カ月ほど発作の内期間が続く。

  群発頭痛は、ほとんどの場合で再発予防の為の薬が必要となる。
群発頭痛が始まった際には、鼻からの酸素吸入やコルチコステロイドのメチルプレドニゾロンを経口投与することで頭痛を抑えることができる。
予防の為には、ベラパミル、リツウム、インドメタシンやメチセルジドが使用される。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド