中耳と内耳の構成


  中耳鼓膜鼓室で構成されている。
  鼓膜とは、耳孔の奥にあって外字と中耳との境にある、厚さ0.1ミリメートルの卵楕円形の薄い膜のことである。
  音波を受けて振動して、これを鼓膜に鼓膜に付着した耳小骨によって、内耳に伝える。

  鼓室は空気で満たされた空間である。
  中耳にある腔室のことであり、側頭部の中にある。
  外側に鼓膜があって外耳と隔たり、内側には内耳があり、また耳管により咽頭腔と連絡し、中に耳小骨を収める。
  3つの骨が連結した耳小骨があり、鼓膜と内耳をつないでいる。
  内耳はリンパ液で満たされた空間で、主に2つの部分で構成されている。
  1つは聴覚器官である蝸牛(かぎゅう)である。
  もう1つは半規管、球形嚢(きゅうけいのう)、卵形嚢(らんけいのう)で構成される平衡器官の内耳前庭である。
  中耳が音を増幅する役割を果たすのである。
  内耳は機械的な信号である音波を電気信号に変換している。
  この電気信号が内耳神経(平衡聴覚神経)を通って脳に送られる。
  中耳と内耳の病気では共通した症状も多くみられる。
  中耳の病気が内耳に影響を与えることもあれば、その反対もある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド