乳様突起について



  乳様突起とは耳の後ろの隆起した骨のことである。
乳様突起炎は、この耳の後ろの隆起した骨が細菌の感染により炎症を起こした状態である。

  この病気は未治療の、あるいは受けた治療が不適切だった急性中耳炎が、中耳の周囲にある乳様突起という骨へ広がることによって発病する。
  この病気の症状は通常、急性中耳炎の発症後2週間以上たってから現れる。
  そして、感染が広がるにつれて乳様突起の内側の部分が破壊される。
  骨の中には、膿がたまって膿瘍(のうよう)ができるのである。さらに、乳様突起の部分を覆っている皮膚は赤く腫れ、触れると痛み、耳介が前下方へ押された状態になる。

  このほか発熱、耳の周囲や耳の中の痛み、大量のどろりとした耳だれといった症状が発生する。
  病気が進行すると、ズキズキする痛みがあり、難聴になる病気である。診断には、CT検査が用いられる。乳様突起内部の乳突蜂巣(にゅうとうほうそう)(骨の内部のハチの巣状の空洞で、通常は空気が入っている)が液体で満たされているのがわかる。
  炎症が進行するとともに、この部分が拡大する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド