聴神経腫瘍について

  聴神経腫瘍は、聴神経を取り囲むシュワン細胞から発生する非癌性の良性腫瘍である。
聴神経腫、聴神経鞘腫[ちょうしんけいしょうしゅ]、前庭神経鞘腫、第8脳神経腫などと呼ばれる。

  聴神経腫瘍は通常、前庭神経から生じるのであり、難聴、耳鳴り、めまい、ふらつきなどの症状が早期にみられる。
そして、腫瘍が大きくなって顔面神経や三叉神経(さんさしんけい)といった脳の他の部分を圧迫すると、顔の筋肉に脱力や麻痺が生じるのである。
それによって症状としては、耳鳴り(片側の耳のみ)や難聴、急に向きを変えるとバランスを失ったりふらつくなどがある。

  この病気の早期診断は、MRI検査聴覚検査に基づいて行われる。
  腫瘍が見つかった場合には、腫瘍は手術で取り除く。
顔面神経を傷つけないように、顕微鏡を用いた手術(マイクロサージャリー)を行うこともある。

  顔面神経と耳の病気の関係について、説明する必要がある。
顔面神経は、耳の中を通っている。
そのため、中耳や内耳の病気によって影響を受けることがある。
たとえば、耳のヘルペスは、聴神経だけでなく顔面神経にも影響を及ぼす。
顔面神経が肥大し、頭蓋骨の開口部に押しつけられて圧迫を受けるのである。
これによって、一時的または永続的な顔面麻痺が引き起こされることがある。
顔面麻痺の治療は、問題を引き起こしている病気に応じて行なわれるのである。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド