乗り物酔いの症状と治療


  車酔い、船酔いなどの乗り物酔いは、乗り物が移動する際に生じる動きによって起きる吐き気などの一連の症状である。
  乗り物酔いの多くが、船旅などでの舟の揺れで起きており、その他にも車や遊園地などの乗り物に乗った時におきている。
  乗り物酔いは、もともと酔いやすいという人もいるが、恐怖心や不安感、換気が悪いといった場合には、乗り物酔いしやすくなる。

  乗り物酔いは、脳が、眼、内耳の半規管、体の位置情報を脳に伝える筋肉センサーである運動センサーから矛盾した情報を受け取ることで起きることになる。

  乗り物酔いの症状は、吐き気、全身の不快感、回転性めまい、頭痛、疲労といった症状が突然現れることから始まる。
  多くの場合で、顔が青ざめ、汗が出る、気持ち悪いほてりを感じ始め、唾液の量が増え、呼吸が早く深くなり、時には嘔吐する。
  過換気の場合には、失神を引き起こすこともあり、吐き気と嘔吐により脱力感を覚える。
  嘔吐が長引くようであれば、次第に血圧が下がり、脱水症状を引き起こす。乗り物酔いは、乗り物の動きが止まったり、乗物から降りることで徐々に治まる。
  船旅などの長期の移動の場合でも次第に揺れになれ船酔いをしなくなる。

  乗り物酔いの場合には、予防を行うことがなにより大切になってくる。
予防としては、揺れの少ない座席を選ぶ、頭と体を出来る限り動かさないようにする、顔を前方に向け体を後ろにもたれかける、遠くにある水平線などの動かない物を見る、窓や通気口などを開け新鮮な空気を吸う、船上デッキに出る、飲酒・喫煙をしない、脂肪が少なくデンプン質のものを少量食べる、におい・味の強い食べ物を避ける、本を読まないなどが上げられる。 乗り物酔いを起こしやすいという人であれば、旅行の前に医師に薬を処方してもらうか市販の良い薬を教えてもらうなどすると良い。
  乗り物酔いの薬には、シクリジン、ジメンヒドリナート、ジフェンヒドラミン、メクリジン、ペルフェナジン、スコポラミンなどがあるが、これらは、眠気も誘うことになる。

  乗り物酔いの症状が現れ出した場合には、ソーダクラッカー、ジンジャーエールなどの炭酸水を飲むようにするとよい。
  スコポラミンは、皮膚のパッチ剤があるので、吐き気などの乗り物酔いには、経口薬よりも役立つが、必要があれば、薬を注射することもある。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド