良性発作性頭位変換性めまいの症状と治療


  良性発作性頭位変換性めまいは、頭の位置を変えることにより引き起こされる多く見られる障害である。
  良性発作性頭位変換性めまいは、多くの場合で横たわる、起き上がる、寝返るを打つ、見上げる後ろに頭を反らすといった頭の位置を変える動作が引き金となる。
  この障害は、3つの半規管に均等に分布しているカルシウム粒子が、半規管のいずれかの中に集まり塊になることで起きる。
  正常な状態でのカルシウム粒子は、半規管の内側にある神経受容体を刺激し、細胞が頭の動いた方向を示す信号を脳へ送るが、カルシウム粒子が1か所に固まってしまうことで過大な信号が送られ頭が実際以上に動いたと脳が誤ってしまう。
  この間違った情報と眼からの情報のずれが生じることで回転性めまいが起きる。
カルシウム粒子のかたまりは、半規管の内膜の損傷により起き、損傷の原因は、耳の感染、外傷、手術、内耳の動脈閉塞などが上げられる。

  このようなタイプの回転性めまいは、害がなく発作は、頭を動かした後5~10秒後から始まり、1分程度あるかないかである。
通常であれば、この発作は、数週間で治まり、何ヶ月も続く場合には、吐き気と嘔吐により脱水症状を起こすこともある。

  このような場合、回転性めまいを起こすような姿勢をとらないようにすることで発作を避けることができる。
患者は、エプリー法を習うことができる。
エプリー法は、カルシウム粒子のかたまりをほぐし半規管全体に再度行き渡らせる方法である。 この運動を行うことでカルシウム粒子は一度吸収されてから再形成され、正常な状態へと戻る。 患者は、この方法を行うことで約90~95%で回転性めまいを治すことができる。
しかし、一部の患者は、回転性めまいを再発するため、この方法を繰り返す必要がでてくる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド