クラミジア肺炎


  咳により人から人へ感染する肺炎クラミジアは、おもに5~35歳、また高齢者にかかりやすいとされている。症状はマイコプラズマ肺炎と似ており、血液検査や痰のサンプル検査を行わないと原因が確定できないが、ほとんどの人は軽症ですむ。

エリスロマイシン、ドキシサイクリンなどの抗生物質が効果あるが、早く治療を終わらせることで、再発する可能性もあるため注意が必要である。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンテンツ提供 by 介護の安心ガイド